大島御神火太鼓保存会










現在に至るまで

東京から南へ120km、太平洋に浮かぶ火山島、伊豆大島。
島の中央に位置する三原山は、太古の昔より何回となく噴火を繰り返し、現在の地形を形作ってきました。一番最近の大噴火は1986年に起こりました。
大島の人々は古くから三原山に畏敬の念を抱いてきました。火口から噴出す炎は神の火「御神火」として崇められ、このイメージを日本の伝統芸能の一つである和太鼓の集団演奏という形式で表現したものが「御神火太鼓」です。

御神火太鼓保存会は、昭和47年「御神火太鼓愛好会」として発足されました。

この御神火太鼓は、三原山の噴火(御神火)を題材にしたもので、スピード感溢れるダイナミックな太鼓です。大きく分けて「揃い打ち」と「乱れ打ち」という2つの打法があります。


揃い打ち
揃い打ち
揃い打ち

乱れ打ち
乱れ打ち
乱れ打ち
「揃い打ち」は、複数の打者が同じ曲を揃って打つというもので、いくつかのパートに分かれ、スピード感のあるかけあいで曲が構成されています。

そしてもう1つの打法「乱れ打ち」は、とても特徴のある打ち方で、2つの太鼓の高さを揃え、間隔をあけて向かい合わせ、その間に一人の打ち手が入り、同時に2つ打つというものです。

この「乱れ打ち」は、御神火太鼓保存会の初代会長(創設者)の菊池文徳が考案し、昭和47年(1972年)に地域神社の奉納行事で発表した事が始まりで、当保存会の代表的な曲となりました。

その後、現在の会長である菊池清が、当保存会の一部の指導員と、保存会の活動を通して、揃い打ち・乱れ打ち共に、いく通りもの曲を考え出しています。

そして、2007年10月には保存会最高齢である、「文鼓会」というクラスが結成されました。

名前の由来は、御神火太鼓保存会の創設者の名前から一文字、和太鼓から一文字とり、名づけられました。

全国でも例をみない平均年齢70歳!の会員が集う「文鼓会」ですが、学生や青年の会員も活動する上での一つの目標となっています。

2013年3月の御神火太鼓保存会の会員数は、指導員を含め110名ほどで、本部教室と南部教室それぞれ、小学校1年生から高校生、そして文鼓会を含む大人まで、年齢別のクラスに分かれて週に1回練習し、この芸能を守り育て継承しています。

年間通しての演奏活動は、椿まつりのパレードや、社会を明るくする運動・ツーデーマーチを始めとし、友好都市の新潟県加茂市など日本の各地域、海外はインド・ハワイ・ウズベキスタン・台湾の音楽祭やイベントに参加するなど、沢山の方々の応援と御協力の下、幅広く活動を続けています。


大島に住んでいなくても、御神火太鼓を叩いてみたい!体験したい!という方はこちら




主な活動・演奏記録


ご協力・応援して頂いている方々に感謝の気持ちを込めて 御神火太鼓保存会の活動を一部掲載させて頂きます

演奏のご依頼は随時受け付けております。お電話にてご連絡下さい。


【大島や国内で主に参加しているイベント】
椿祭りオープニングパレード 毎年1月末〜3月末まで行われる椿まつりのオープニングパレードです。 御神火太鼓保存会は、小学生から大人まで総出で、トラック組と、元町港ロータリー組に分かれて演奏いたします。 御神火太鼓保存会にとって毎年恒例の行事となっています。
大島藤倉学園 お花見の会 毎年依頼を頂いて、藤倉学園さんのお花見のイベントにて施設内で演奏しています。
パームライン駅伝 毎年大島で行われるイベントです。大島の海沿いの道パームラインで行われる駅伝のゴール地点「仲の原園地」にて演奏しています。
新潟県加茂市雪椿祭り 大島町と友好都市である新潟県加茂市で4月上旬から行われるお祭りです。 ミス雪椿コンテストやパレードなどもあり、保存会も毎年演奏参加しています。 加茂市の皆さんも、毎年大島の椿祭りオープニングパレードに参加して下さっています。詳しくは加茂市の公式ホームページをご覧下さい。
島じまん 2年に一度6月頃に行われる伊豆諸島の物産展で、浜松町・竹芝桟橋にて開催されます。 御神火太鼓も毎回演奏参加しています。
社会を明るくする運動 この運動は、全ての国民が犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、2009年で59回目を迎えます。毎年7月に行われ、当保存会も毎年参加しています。社会を明るくする運動についてはこちら
納涼盆踊り大会 夏になると、島内各地区で納涼盆踊り大会がありますが、北の山の盆踊りやクダッチの盆踊りにて演奏しています。 小学生から大人までが参加。
ツーデーマーチ 毎年12月頃行われるイベントで、小学生〜高校生が演奏参加しています。
その他島内・島外での演奏 島内では椿祭り関連イベント夜まつりや、椿プラザ(大島公園)や、七夕フェア(東海汽船元町船客待合所)など、その他都内で開催される物産展や調布飛行場祭り・愛らんどフェアなど、御依頼に応じて演奏しています。



【海外での演奏】

 インド・・・2002年11月21日〜23日アジア大都市ネットワーク21第2回総会にて指導員メンバーが演奏

 ハワイ・・・2004年6月11〜13日 第25回まつりインハワイ(Pan-Pacific Festival)にて高校生と指導員メンバーが演奏

 ウズベキスタン・・・2005年8月24日〜9月1日 ウズベキスタン政府・ユネスコ協賛の東洋音楽祭「シャルク タロナラリ」にて青年・指導員メンバーが演奏

 台湾・・・2007年11月3〜12日台湾で行われた「2006世界鼓舞音楽節」 World Music Festival -Drum&Dance-4thにて指導員メンバーが演奏



入会について


※ 平成26年度の新入会員の募集はしておりません。

大変申し訳ございません。



対象年齢は小学1年生から大人までです。

入会したいけどまずは体験してから決めたいという方は体験期間を設けております。

体験期間は4月(1ヶ月間)ですので、お気軽に練習場へお越し下さい!

入会や見学の希望については、お問合せ下さい。



(入会金) 2000円(バチ1組と道場にかける名札代として) 

(年会費) 小学生:10000   中学・高校生:15000円    大人:20000円

会費については、5期に分けて払う事もできます。お選び下さい。

※年会費は年間通しての保存会運営費用で、会員の衣装代や太鼓の革の張りかえ、

イベントの時のお弁当代などとして使用します。




練習について


対象年齢

小学1年生以上

練習日時

本部教室・南部教室ともに、

年齢やレベル別に分かれて、週に1回1時間程度の練習をしています


【本部教室】

小学生 毎週日曜日


中学生・高校生 毎週火曜日 夜


【南部教室】

小学生 木曜日 夕方〜

中学生・高校生 木曜日 夜


【青年・指導員】

毎週金曜日 夜


 【文鼓会】

毎週 木曜日 午後


練習場所

本部教室小学生 : 北の山太鼓道場・大島ふるさと体験館


本部教室中学・高校生 : 大島ふるさと体験館


南部教室小学生・中学生・高校生 : クダッチ老人福祉館


青年・指導員 : 大島ふるさと体験館


文鼓会 : 北の山太鼓道場


会費

年会費(1年間) ★小学生 : 10,000円

★中学生高校生 : 15,000円    ★大人 : 20,000円

※ 5期に分割して払うこともできます


入会時のみ別途入会金2,000円が必要です(バチ代と道場へかける名札代として)




お問合せ



ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください


【所在地】 〒100-0101 東京都大島町元町字北の山125-4

【TEL】04992−2−3991

【FAX】04992−2−4177



【メール】 taikenkan@island-net.jp

※メールでのお問合せはすぐに返信ができない場合もございます。